ゆば庄
ゆば庄の湯葉商品紹介料理への活用法ゆば庄の歴史会社概要アクセスマップお問い合わせ

料理への活用法

お造り
お吸い物
ゆば鍋
炊き合わせ
天ぷら
その他の活用法
乾燥湯葉のもどし方


生湯葉を食べやすい大きさに切り、そのまま、わさび醤油または生姜醤油でお刺身風にお召し上がりください。湯葉本来の味がお楽しみいただけます。
ページ上部へ

生湯葉を熱い出汁の中に、しばらく入れておくだけで出来上がります。ほんの少し煮てもよろしいですが、長くは煮込まないでください。
ページ上部へ

しゃぶしゃぶのようにお召し上がりください。湯葉本来の味や、口当たりの良さがお楽しみになれます。薬味を添えて、ぽん酢醤油やごまだれなど、お好みでどうぞ。
ページ上部へ

出汁(鰹と昆布)で、生湯葉を煮込んでください。湯葉は出汁をよくすいますので、出汁は少し多めに。白身魚、椎茸、高野、豆腐などとよく合います。
ページ上部へ

細かく刻んだ湯葉を、天ぷらの衣代わりに使っていただくと、サクサクとした歯ざわりとともに、香ばしく召し上がれます。
ページ上部へ


衣をつけずに、やや低めの温度でサッと揚げ、塩をふりかけてお召し上がりください。
淡泊ななかに、上品な美味しさが広がります。

冬には鍋物のあしらいとして、湯豆腐、水煮、ちり鍋、寄せ鍋などに御利用ください。
ページ上部へ



煮物や炊き合わせに使う場合には、たっぷりのぬる湯に2〜3分つけてもどします。くずれやすいのでご注意ください。揚げ物や蒸し物に使うときは、濡れぶきんに包んでもどします。
ページ上部へ


ゆば庄の湯葉商品紹介料理への活用法ゆば庄の歴史会社概要アクセスマップお問い合わせ

Copyright (C) 2004 YUBASHO Corporation. All Rights Reserved.